ケン・モッカ

Kenneth(Ken) Edward Macha

プロ野球選手・指導者。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は4番。


1950年9月29日生まれ。米国ペンシルベニア州出身。

ピッツバーグ大学からピッツバーグ・パイレーツに入団。

1974年、メジャー昇格し、2年連続地区優勝に貢献。

1979年モントリオール・エクスポズに移籍。

1981年、トロント・ブルージェイズに移籍。

1982年、来日し中日ドラゴンズに入団。強竜打線の中軸としてドラゴンズを支え、リーグ優勝に大きく貢献した。

1984年打率.316、31本塁打、93打点を記録。

真面目な性格で、チームメイトだけでなく、ファンからも愛された。

1985年も4番を打つなど打率.301と活躍するが、シーズン途中で球団から解雇を言い渡される。


同年9月19日、シーズン中に現役引退

同日の引退試合では笑顔でファンや他チームの友人に挨拶し、試合終了後には胴上げされた。

ドラゴンズ史上屈指の外国人選手に数えられる。


日本球界引退後は帰国し、マイナーリーグのコーチ・監督、MLBのコーチを歴任。その間、バンス・ロー?など優秀で日本向きの外国人選手を紹介している。


2003年、オークランド・アスレチックスの監督に就任。2年連続でプレーオフ出場。


2005年、契約の問題で一度は退団が決定するも、再契約。

2006年、チームを3年振りの地区優勝に導くが、プレーオフで敗退し解任される。