ゲームジャーナル

読書

ゲームジャーナル

げーむじゃーなる

英語表記「Game Journal

 ボードシミュレーション(ウォーシミュレーション)ゲーム雑誌。季刊誌(3,6,9,12月の1日発売)。2001年12月1日創刊。発行元は株式会社シミュレーションジャーナル?キャッチコピーは「ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌」。

かつて発行されていた同名の同人誌(1992年〜2001年発行)が、2001年に商業誌化された。

内容

  • 毎号の特集(例:パルバロッサ作戦、関ヶ原の戦い、等)に連動した企画(特集に関するヒストリカルノート、付録ゲームのリプレイやプレイの指針、等)を中心として、その他に、新作ゲームの紹介・様々なテーマに関してのフリートーク・戦史関係の記事、等、多岐にわたる。毎号、漫画家松田大秀」氏の描く付録ゲームのリプレイ漫画(ギャグ色強め)が掲載されている。
  • 毎号、特集と連動したゲームを付録して発売する。ゲームは基本的にオリジナルだが、過去発売された他社ゲームの復刻版・リメイクの場合も有る(アドテクノスのゲーム等)。

その他 同人誌時代の内容(1992年〜2001年)(Vol.1-Vol.64))

  • 刊行ペースは当初は月刊で、途中から隔月刊となり、最終的に季刊。
  • 1995年発行の Vol.37からリニューアルし「隔月刊・カラー表紙・平とじ・付録ゲーム付き」になる。付録ゲームは雑誌の裏表紙に印刷しているマップを使うものだった。
  • 1997年発行の Vol.49からさらにボリュームアップし、「付録ゲームは綴じ込みマップと打ち抜きユニット」という準商業誌的な仕様となった。また、内容も、同人的な内輪受け要素はほぼ無くなり、特集記事・ヒストリカルノート・リプレイ・新作ゲーム紹介、等、ほぼ商業誌に準じる内容となった。
  • 2001年に商業誌へのリニューアルが告知され、10月発行の Vol.64で休刊となった。ただし幾つかの連載は商業誌に引き継がれた。(例)SFゲーム紹介連載「B級SFゲーム分科会出張所」等。