ゲーリー・カーター

スポーツ

ゲーリー・カーター

げーりーかーたー

Gary Edmund Carter

MLB選手・指導者。通称「The Kid」。

右投右打、ポジションは捕手背番号は8番。


1954年4月8日生まれ。米国カリフォルニア州出身。

高校時代はアメリカンフットボールの選手として全米代表に選出。

卒業後、カリフォルニア州立大学への進学が決定していた。

しかし、1972年モントリオール・エクスポズドラフト3位で指名され入団。

1974年、メジャー昇格。

1975年、17本塁打、68打点でナ・リーグ新人王を受賞。

強肩強打の捕手として勝負強い打撃を見せ、1980年代のエクスポズを支えた。

1984年、シーズン106打点を記録し、ナ・リーグ打点王を受賞。

1985年ニューヨーク・メッツに移籍。

1986年、正捕手として自身初のワールドシリーズ制覇に大きく貢献。

闘志をむき出しにしたプレースタイルが人気を博した。


1990年サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。

1991年ロサンゼルス・ドジャースに移籍。

1992年、エクスポズに復帰。

同年、現役引退

実働19年間で通算2296試合出場、通算2092安打、324本塁打、1225打点を記録。オールスターゲーム出場11回。


1993年背番号8番がエクスポズ永久欠番となる。

2003年、米国野球殿堂入り。エクスポズ史上初の殿堂入り選手となる。

2005年、ニューヨーク・メッツ1Aセントルイスの監督に就任。