スマートフォン用の表示で見る

ゲイリー・ピーコック

音楽

ゲイリー・ピーコック

げいりーぴーこっく

Gary Peacock (1936-)

アメリカジャズベーシスト

1960年代前半、主にフリージャズ・シーンで活躍する一方、ビル・エヴァンスとも共演している。

60年代後半より音楽活動から引退、70〜72年には日本に滞在していた。

70年代後半に音楽活動を再開。80年代以降はキース・ジャレットのスタンダーズ・トリオの一員として活躍している。