ゲイ雑誌

読書

ゲイ雑誌

げいざっし

男性同性愛者のために作られた雑誌のこと。男性ヌードから官能小説、生活情報的な記事まで、幅広く網羅されている。

薔薇族(ばらぞく)、SAMSON(サムソン)、Badi(バディ)、G-men(ジーメン)等が、2012年時点で発行されている代表的な日本のゲイ雑誌である。老舗のアドン(1974年5月号創刊)、さぶ(1974年11月創刊)、The Gay(1978年「The Ken」として創刊)は廃刊になった。

体型や年齢などで各誌のコンセプトは異なり、読者の棲み分けがなされている。内容は主に同性愛に関するゴシップや読者の体験談、小説、漫画、ゲイに出会いの場を提供する通信欄などからなる。通信欄は、最盛期には薔薇族だけで1000通近くが掲載されていた。昨今はオリジナルDVD等が付録として付くこともある。

1970年代頃〜90年代半ばまでは、薔薇族アドン、さぶ、The Gay、サムソンの5誌が併存する時代が続いた。しかし競合誌の増加、インターネットなどの普及によって苦戦が続き、薔薇族は3度の休刊を経て復刊を果たしたものの、他の老舗を含むゲイ雑誌の一部は現在休刊している。

現在はタブレット端末でのWEB配信が注目されている。

特徴

薔薇族とバディが総合誌、G-menが野郎・ガチムチ専、SAMSONがデブ専誌である。かつて存在したアドンとTHE GAYは若専、さぶが野郎専だった。

薔薇族1971年7月(9月号)に創刊された日本初の商業ゲイ雑誌だが、編集長・伊東文學氏は異性愛者であり、ゲイの世界とは下半身の繋がりしかない「既婚者のための雑誌」というスタンスだった。そして「ゲイには末っ子が多く、母親が甘やかして育てるから同性愛者になる」(伊藤文學のひとりごと)というネガティブな考えを捨てきれず、同性婚にも否定的で女性との結婚を勧めていた。時代の制約があったとはいえ、「可哀想な同性愛者」「同性愛者を理解して上げている」という上から目線に終始し、府中青年の家裁判などにも冷ややかだった。そのため伊藤氏のゲイの間での評価は、必ずしも高いものではない。

それに対して1990年代に創刊された「Badi」(1994年11月)や「G-men」(1995年3月)といった新興ゲイ雑誌は、同性愛を生き方の問題としてポジティブに捉え、新しいゲイライフスタイルを提案した。従来の可哀想な同性愛者というスタンスの薔薇族ゲイリブ偏重で理屈っぽいアドンに対し、それは斬新なスタイルといえ、多くのゲイの共感を呼ぶことになる。因みにBadi編集部にはマツコ・デラックスブルボンヌが在籍した。

日本のゲイ雑誌一覧

・ADONIS(アドニス)(アドニス会、会員制同人誌1952年9月〜1962年63号まで。初代編集長は上月竜之介、2代目が推理小説家中井英夫と同棲していた田中良夫)

・同好(1959年10月頃大阪で創刊、会員制同人誌、編集長・毛利晴一)

薔薇1964年7月創刊、会員制同人誌、編集者・高倉一)

薔薇族 (第二書房、1971年7月に9月号として創刊)

 ・バラコミ(薔薇族の増刊号として1986年11月に出されたゲイコミック誌山川純一氏の漫画が人気になった。2号で休刊)

アドン (砦書房、1974年5月号創刊、90年代前半にゲイ理論誌にリニューアルしお色気を殆ど掲載しなくなった後、96年末休刊)

 ・MLMW・ムルム (砦書房、1977年創刊7月号〜1981年3月号まで全28号。3号まで季刊、4号から隔月刊、15号から月刊化)

・さぶ (サン出版、1974年11月創刊、2002年2月号で休刊)

・スーパーモンキー(アダムズ出版、1979年6月刊行)

・The Ken (雑民の会、1978年創刊、「The Gay」の前身、編集長・東郷健

 ・The Gay (発行T.I.Y.出版又は楽久企画、発売「噂の真相」、1981年9月「The Ken」から改題、現在休刊、編集長・東郷健

・SAMSON (海鳴館、1982年7月創刊)

 ・豊漫(海鳴館、季刊誌、1986年創刊)

 ・DEVE(SAMSONの増刊号)

・Badi (テラ出版、1994年11月、1995年1月号創刊)

 ・ファビュラス(テラ出版、1999年11月創刊、編集長は小倉東(マーガレット)でスポンサーにタワーレコードユナイテッドアローズなど一般企業が参加したが2000年6月休刊)

・G-men (古川書房、1995年3月創刊)

 ・Super SM-Z(古川書房、1999年創刊、野郎系SM専門誌)

・P-NUTS(光彩書房ホモ男性向けゲイコミック誌、1996年創刊、同年に4号で廃刊)

Queer Japan勁草書房、1999年11月創刊、その後休刊。編集長はゲイライターの伏見憲明

・yes (2006年創刊、現在休刊)