スマートフォン用の表示で見る

ゲリラ雷雨

サイエンス

ゲリラ雷雨

げりららいう

大気の状態が不安定な時に地上付近での局地的な加熱や、地上風の収束などによって上昇気流が発生し、そこで積乱雲が急発達することによって発生する雷雨。

2008年夏に一般的となった用語。夕立などの集中豪雨と基本的には変わらないが、この年は例年よりも太平洋高気圧?の勢力が弱く、上空に寒気が流れ込んだため多発した。

2013年、ウェザーニューズは7月〜9月におけるゲリラ雷雨の発生が、昨年比で全国平均3.5倍増の見込みだと発表した。特に九州四国東北では昨年比で5倍増と予想されている。