スマートフォン用の表示で見る

コーエー

ゲーム

コーエー

こーえー

かつて存在したゲームメーカー


最初に出したタイトルは、「川中島の合戦」。

信長の野望」でブレイク。「三國志」シリーズで歴史シミュレーションゲーム・メーカーとしての地位を確立する。他にも「大航海時代」などの名作を生み出した。

ファミリーコンピュータ時代(1988年)からコンシューマ・ゲーム機にも進出していたものの、PC向けのゲームを移植しているだけと言うイメージが強かったが、「真・三國無双」が口コミで売れたのをきっかけに、コンシューマ・ゲームメーカーとしてもようやく認知された。


1978年創業。旧社名は光栄。前身は染物問屋だった。過去にナイトライフという18禁ゲームを作っていたと言うのは有名な話。相手の女性の安全日測定はオギノ式というめちゃくちゃぶり。意外や意外、これは知られていない事実である。

他にも2本の成人向けゲーム(団地妻の誘惑オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか)を出しており、これらを併せて光栄三部作と古いゲーマーにはひそかに言われている。


2008年11月、同業のテクモ経営統合で合意。

2009年4月1日、共同持株会社コーエーテクモホールディングス株式会社」を設立コーエーコーエーテクモホールディングスの完全子会社となった。

2010年4月1日、コーエーテクモ吸収合併し、商号を「株式会社コーエーテクモゲームス」に変更。合併時に新設の開発子会社コーエー」が新たに発足したが、2011年4月に再統合された。