スマートフォン用の表示で見る

コーラスライン

一般

コーラスライン

こーらすらいん

コーラスライン(A Chorus Line)とは、

稽古で舞台上に引かれるラインのこと。コーラスつまり役名のないキャスト達が、ダンス等でこれより前に出ないようにと引かれる。メインキャストとコーラスを隔てる象徴ともなっている。

1975年7月25日に初演されたブロードウェイミュージカル。マイケル・ベネット原案、振付、演出。マーヴィン・ハムリッシュ音楽。本稿で解説。

上記のミュージカルを原作として1985年に制作されたアメリカ映画。リチャード・アッテンボロー監督、マイケル・ダグラス出演。コーラスライン (映画)を参照。

野口五郎のシングル。コーラス・ライン (野口五郎)を参照。

ミュージカル

舞台はブロードウェイの劇場で、コーラスラインのオーディションに参加する若いダンサー達を描く。

初演(1975年)から1990年4月28日の千秋楽まで当時としては最長のロングラン公演記録をたて、1976年トニー賞では最優秀ミュージカル賞をはじめ9部門獲得した。ブロードウェイでは『CATS』に抜かれるまで、最長のロングラン記録を持っていた。

制作に1年を掛けた。

2006年にはブロードウェイにてリバイバルが作られ、再び人気を博している。

日本では劇団四季によって1979年9月24日に初演を向かえ、以来断続的に上演されており同劇団の歴史的に重要なレパートリーの1つである。日本版上演にあたり、演出家・浅利慶太は台本の1行1行全ての説明をマイケル・ベネットから直接聞いたという。初演の舞台稽古にはベネットも訪れた。

ストーリー

N.Y.ブロードウェイ。幕が上がると、新作のためのオーディションの真っ最中。新進演出家ザックの元に集まった大勢のダンサーの中には、ザックの元恋人・キャシーの姿もあった。彼女はかつてスポットライトを浴びたこともあるもののハリウッドに進出して挫折、一からやり直すつもりで再びブロードウェイに戻ったのだった。

厳しいオーディションに合格したとしても手に入るのは「コーラス」、つまり無名の脇役。「君たちはスターを彩る額縁、誰も僕の目を惹いてはいけない」とザックに宣告され、それでもダンサーたちはたった8人の採用枠に残るために自分のすべてを賭ける。「君たち自身を知りたい」というザックの問いかけに、躊躇しながらも赤裸々に自分の人生について語り始める・・・。