コールマネー

一般

コールマネー

こーるまねー

リスト::経済関連

コール市場の資金。特に資金の出し手側からコールマネーと呼ぶ。資金の取り手にとってはコールローン。

一般的に余資機関である投資信託や農林系金融機関信託銀行、生損保などが主な出し手となり、都銀が取り手となる。ただし日銀ゼロ金利政策導入以降必ずしもそうとも言えなくなった。

コール市場は銀行間で資金繰りを調整するために1902年頃自然発生した。コールとは呼べばすぐ来る資金という意味らしい。無担保取引と有担保取引があり、期間は半日から翌日物が中心となっている。日本の短期金融市場、特にインターバンク市場の中心であったが、日銀のゼロ金利導入以降残高が激減した。これは資金の出し手側にとってはゼロ金利下で取引意欲が減退したこと、資金の取り手側にとっては貸出減少などによる流動性改善や日銀の資金供給オペなどによって必要性が減少したこと、双方の影響による。