コクーン歌舞伎

アート

コクーン歌舞伎

こくーんかぶき

東京渋谷Bunkamura内にあるシアターコクーンで行われる歌舞伎公演。1994年5月に歌舞伎役者の五代目中村勘九郎(後の十八代目中村勘三郎)、 三代目中村橋之助らが「東海道四谷怪談」を上演したのが始まりである。古典歌舞伎の演目を新たな演出で再構成で行われている。