スマートフォン用の表示で見る

コククジラ

動植物

コククジラ

こくくじら

学名 Eschrichtius robustus。クジラヒゲクジラ亜目 コククジラ科に属する水棲哺乳類クジラのなかではわりに小さいほうで、体長は 12〜14 メートル。日本では、コクジラ、コク、チゴクジラ、克鯨、児童鯨などと呼ぶことも。

体表はグレーが基調で、年数を経た個体はフジツボエボシガイクジラジラミなどの寄生生物を付着させているため、白のまだら模様になっている。

コククジラは海底の泥や砂をヒゲでこしとることによって、カニなどの海底生物を補食する。

北太平洋コククジラのうちアジア側の沿岸を回遊するものは、夏はオホーツク海で過ごし、冬に中国広東地方の沖で繁殖する。春と秋の回遊時には、朝鮮近海から日本の太平洋沿岸を通過する。

2005年のゴールデンウィークに1頭のコククジラ東京湾に迷い込み、千葉県袖ケ浦市中袖の岸壁に1000人を超える見物客が集まった。5月11日朝、千葉県富山町*1沖の定置網にかかり、死亡しているのが発見された。

News

頭が2つ! メキシコで結合双生のコククジラを発見 Techinsight Japan - 2014年01月20日 10:21

関連語 リスト::動物

*1:現・南房総市