スマートフォン用の表示で見る

コシャマイン

一般

コシャマイン

こしゃまいん

1457年、北海道渡島半島でおきたアイヌ民族の蜂起を率いていた、東部アイヌ首長

前年の和人によるアイヌ青年の殺害に端を発し、アイヌ民族は和人館を襲撃したが武田信広指揮の和人軍により鎮圧された。

これを「コシャマインの戦い」「コシャマインの蜂起」と呼ぶ。