スマートフォン用の表示で見る

コシャマインの乱

社会

コシャマインの乱

こしゃまいんのらん

コシャマインの乱(こしゃまいんのらん)

1457年、和人とアイヌ人との間の最初の大規模な戦乱。蝦夷地で勢力を増した和人と、コシャマインを指導者にした先住民族アイヌ人とが激突。のちに松前藩の藩祖といわれこととなる客将武田信広の計略により、和人の勝利に終わった。以降、和人の多くは松前付近に集結し、後の和人地の原型を作り上げた。