コズモギャング・ザ・パズル

ゲーム

コズモギャング・ザ・パズル

こずもぎゃんぐざぱずる

ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)が1992年にアーケードゲームとしてリリースしたパズルゲーム

1993年2月26日にスーパーファミコン版が発売された。

Wiiバーチャルコンソールスーパーファミコン版とアーケード版が、Wii Uバーチャルコンソールスーパーファミコン版がそれぞれ配信されている。


コズモギャング・ザ・ビデオ』に引き続き、エレメカコズモギャングズ』のキャラクターをフィーチャーしている。ディレクターは見城こうじ。

コンテナとコズモ、矢印の書かれたボールがL字型に組まれたブロックが上から落ちてくる落ち物パズル。コンテナは横一列に並べることで、コズモは矢印の方向へ転がるボールをぶつけることで、それぞれ消すことができる。2人対戦も可能。


海外では『パックマン』のキャラクターに差し換えられ、『Pac-Attack』(パックアタック)としてGenesisSuper NESゲームボーイなどで発売された。日本ではゲームボーイ版が『パックパニック』のタイトルで1994年に発売された。また、1998年発売の『ナムコアンソロジー2』(PS)や2002年発売の『パックマンコレクション』(GBA)、『パックマンワールド2』(PS2)にも収録されている。


2009年3月25日からは、『塊魂』のキャラクターに差し換えた『ころがしパズル塊魂』がニンテンドーDSiウェアとして配信されている。