コチャバンバ会議

社会

コチャバンバ会議

こちゃばんばかいぎ

ボリビアコチャバンバで行われた「気候変動とマザーアースの権利に関する世界民衆会議」のこと。別名「人民の気候サミット


世界の142カ国から35000人が参加して、歴史的失敗と評されている「コペンハーゲン合意」の対案となる南側諸国の民衆の声を結集した画期的な合意文書「コチャバンバ合意(民衆合意)」が採択された。


合意文書は以下から

http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/04/post-c4fb.html