スマートフォン用の表示で見る

コプト教

読書

コプト教

こぷときょう

キリスト教エジプト版。立場としては単性論。5世紀のカルケドン公会議で異端とされた後に分離。

イスラム教徒によってエジプトが征服された後も存続し、現在でも数百万人規模の信徒を持つ。

ラテン語ローマカトリックの言語であるごとく、コプト教会はコプト語典礼語としていた。よって、現存するコプト語の文献は大部分がコプト教関連のものである。