スマートフォン用の表示で見る

コミンテルンの陰謀

社会

コミンテルンの陰謀

こみんてるんのいんぼう

コミンテルン第三インターナショナル)が共産主義を世界に広めるために企てたと考えられる陰謀。実際のところどうだったかは、あまり関係ない。

田母神俊雄氏の“論文”「日本は侵略国家であったのか」で、日本が第二次世界大戦に引き込まれたのは、中国国民党から米国ルーズベルト政権まで入り込んでいたコミンテルンの手先による陰謀だった、という説が紹介され、一躍有名になった。

あまりに強引で奇想天外かつ印象的な説だったので、陰謀論全般の代表例として挙げられるほか、田母神氏と同じような歴史認識の持ち主が不可解なことを言い出すと、「それはコミンテルンの陰謀によるものですね、わかります」と冷やかすのに使われたりもする。