コメットハンター

サイエンス

コメットハンター

こめっとはんたー

主としてアマチュア天文家で、毎夜撮影した星空写真を比較して、新しい彗星を発見することを目指して活躍する人。日本では、古くは1965年池谷・関彗星の発見が有名である。近年では、冷却CCDカメラを用いたり、研究機関が人工衛星を用いたりで、コメットハンターの姿も変容してきている。