コモド国立公園

地理

コモド国立公園

こもどこくりつこうえん

(英名:Komodo National Park、仏名:Parc national de Komodo

インドネシア国立公園の一つ。1991年ユネスコ世界遺産自然遺産)に登録。小スンダ列島に位置し主要な3島のコモド島、リンチャ島、パダール島を含む、173.5km²の面積を有する公園である。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが棲息していることで有名である。西洋人が1911年に発見した時は、恐竜の生き残りと思われた。また、イルカウミガメなどの他の希少生物も棲息している。