コルドバ歴史地区

地理

コルドバ歴史地区

こるどばれきしちく

後ウマイヤ朝の都であったコルドバにある世界遺産文化遺産)地域。メスキータやローマ橋などの建造物とユダヤ人街が登録されている。後ウマイヤ朝時代、メスキータはモスクとして建てられ、市の中心であった。その後レコンキスタによりキリスト勢力が失地を回復すると、メスキータの一部は壊され、キリスト教会に改築された。メスキータの窓などはイスラム装飾が残っている。