スマートフォン用の表示で見る

コレラ菌

サイエンス

コレラ菌

これらきん

学名はVibrio cholerae。

ビブリオ属に属するグラム陰性のコンマ型をした桿菌の一種。

アルカリ性で比較的好塩性の細菌である。1854年、イタリア医師フィリッポ・パチーニによって発見された後、1884年にロベルト・コッホがこれとは独立にコレラの病原体として発見した。