コロンバンガラ島沖海戦

社会

コロンバンガラ島沖海戦

ころんばんがらとうおきかいせん

コロンバンガラ島沖海戦(ころんばんがらとうおきかいせん)

1943年太平洋戦争中、ソロモン諸島コロンバンガラ島沖で発生した海戦日本海軍コロンバンガラ島への輸送部隊とアメリカ海軍が交戦、日本軍は旗艦(神通)が撃沈され第二水雷戦隊司令部は全滅したが、アメリカ軍駆逐艦1隻を沈没、軽巡洋艦3隻を大破させ、増援部隊の輸送を成功させた。日本海軍の勝利に終わったが、戦局を転換するほどの影響はなかった。