スマートフォン用の表示で見る

コワレフスカヤ

サイエンス

コワレフスカヤ

こわれふすかや

 ユダヤロシア人。天才女性数学者。1850−1891。偽装結婚ドイツに来て、碩学ワイエルシュトラス薫陶を受ける。偏微分方程式論で大きな業績を挙げる。文才もあり、小説も話題になった。