スマートフォン用の表示で見る

コンコルド

キーワードの候補

3件

一般

コンコルド

こんこるど

フランスイギリス航空機メーカーが共同開発して作った音速旅客機。

無尾翼デルタ翼(より厳密にはオージー翼)の形式の4発ジェット機で、離着陸時は独特の大きい機首上げ姿勢となり、一種怪鳥のような形態となる。この際機首が下に折れ曲がるのは視界確保のため。

巡航速度はマッハ2(音速の2倍)で、ニューヨークとパリ・ロンドンの間を3時間台で結んだ。

1976年に民間航空路線に就航したが当初から騒音・燃費の悪さなど問題点も多く、就航した路線は大西洋上のわずかなものに限られ、生産機数も16機(+原型機4機)にとどまるなど、商業的には成功したとは言いがたい。

それでも事故だけは起こさず、非常に安全性が高い航空機と考えられていたが、2000年に墜落事故を起こして、安全性の評価も一変してしまった(マイナーな旅客機なので総飛行時間あたりの事故件数がこの1件で最悪レベルに跳ね上がった)。

2001年11月7日に運行再開したものの、こんどは同時多発テロなどの影響で需要が落ち込み、2003年には運行を終えた。

だがこのたび日仏で次世代コンコルドの共同開発が行われることになった。開発に成功すれば東京ニューヨーク間を約6時間で飛行する夢の旅客機となるが、解決すべき問題点も多い。

一般

コンコルド

こんこるど

静岡県内において、有限会社新日邦(コンコルドグループ)が展開するパチンコチェーン店。

(※同グループは他にボウリング場や銭湯なども展開している)

特筆すべきなのはそのCMで、80年代は稲川淳二が「パチンコ・ルデクヨーッ!」と絶叫するような内容だったが、現在はパチンコのパの字も出さないような、シュール極まる不可解な映像を流し、静岡県民をパチンコというよりそのCMソングの中毒にしている。

あまりに中毒性が高く(パチンコではなくCMの)、県内限定CMである事を知らない(知って愕然とする)静岡県民も多いと言われる。

「娯楽仮面コンケルド」「心にコンコルドを」等を経て2014年現在、古舘寛治石橋けいのペアによる「コンコルゲン」第2シーズンを展開。

一般

コンコルド

こんこるど

鳥のくちばしのような形のヘアアクセサリーの一種。

夜会巻きや、食事の際にちょっと髪を留めるのに便利。