コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域

地理

コンゴーニャスのボン・ジェズス聖域

こんごーにゃすのぼんじぇずすせいいき

(英名:Sanctuary of Bom Jesus do Congonhas、仏名:Sanctuaire du Bon Jésus à Congonhas)

1985年に登録されたブラジルの世界遺産文化遺産)。コンゴーニャスは、ミナス・ジェライス州州都ベロ・オリゾンテの南方に位置する。ここには、1771年に建造されたバシリカ式のボン・ジェズス・デ・マトジーニョス聖堂や、小礼拝堂、庭園などがある。聖堂の内部はロココ様式聖堂前は石鹼石で造られた12人の預言者像などで装飾されている。12人の預言者像は「ブラジルミケランジェロ」と称され、アレイジャディーニョ?ポルトガル語で「小さな身体障害者」という意味)の愛称で知られる、建築家で彫刻家のアントニオ・フランシスコ・リスボアの作品。聖堂脇にある6つの小礼拝堂に飾られている、スギの木で作られた64体の彫像からなる「キリストの受難」の7場面も、彼の作品である。