スマートフォン用の表示で見る

コンビニエンスストア

一般

コンビニエンスストア

こんびにえんすすとあ

convenience store(英:直訳「便利な店」)*1


略称は「コンビニ

定義としては日本標準産業分類(平成14年3月改訂)によって以下のように定められている*2

  • 579 その他の飲食料品小売業
http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/pdf/san3j.pdf

略史

世界で最初のコンビニエンスストアが生まれたのは1920年代後半のテキサス州であるとされる。

製氷会社サウスランド・アイス社の小売店舗を運営していたジョン・ジェファーソン・グリーンは日照の長い夏期は休みなしで連日16時間営業を行っていた。1927年の夏、彼は顧客の要望に応えて、さらに食料品その他の身の回り品を販売したいと会社に提案し、受け入れられた。

1928年5月1日、彼は約束に基づいて、会社(こんにちの用語で言うところのチェーン本部)へ売り上げの取り分として1000ドルを支払った。これをもって、コンビニエンスストア・ビジネスが誕生した。*3

日本におけるコンビニ

米国と比べると日本の小売業の組織化は遅れていたが、1960年代の後半にボランタリーチェーンの形で中小業者が連帯する形態が見られるようになった。それらのひとつに尼崎市に本拠を置く「マイショップチェーン」があり、これが1969年豊中市に出店した「マミイ」が日本におけるコンビニ第1号であるとされる。

1973年11月、スーパー大手のイトーヨーカ堂は米サウスランド社(先述のサウスランド・アイスの改称)とライセンス契約を結び、翌1974年にフランチャイズ方式で1号店ヨークセブン豊洲店を開店させた。この時すでに複数のコンビニチェーンが出現していたが、後発のヨークセブン(現セブンイレブン)はフランチャイズチェーンの特性を引き出し、短期間でトップランナーの座を獲得して現在に至っている。

*4

コンビニの問題点

冷蔵庫や照明など24時間稼動し続ける業態が、近年の節電志向、温暖化対策、エコブームと相容れない。不良のたまり場になる恐れがある。夜間営業時の強盗被害リスクが高い。生鮮食料品の売れ残り商品を大量に廃棄するなど、無駄な点がある。スーパーマーケットの様に大量販売できないことから、価格競争力が弱い。

News

セブンイレブンを調査=値引き制限、独禁法違反の疑い(2月20日8時35分配信 時事通信)

*1和製英語に非ず。[URI]等を参照

*2経済産業省の業態分類では、「食料品を扱っている」「セルフサービス方式採用」「売場面積30平米以上250平米未満」「営業時間14時間以上」となっている

*3:上記内容は「月刊コンビニ」2005年12月号掲載「コンビニ全史・第2回」(川辺信雄)に拠った

*4:上記はhttp://gakuyu.ri2680.org/message/20041011.pdfなどを参考とした

*5サークルKサンクスを別個に計算