コヴェントリー

地理

コヴェントリー

こう゛ぇんとりー

Coventry


イングランド中西部バーミンガムから約30km東に位置するウェスト・ミッドランズ地方の工業都市。人口は約30万人。

第2次世界大戦ドイツ空軍の標的となり、徹底的に市全体を破壊されたが戦後復興コヴェントリーの象徴でもあった 「コヴェントリー聖堂 (Coventry Cathedral)*1」 も空襲で破壊されたが、その後きれいに建て直された。そのため、平和運動が活発な街として知られている。

またコヴェントリーは、自動車メ−カー ローヴァー (Rover) 発祥の地として有名。サッカークラブコヴェントリー・シティFC (Coventry City F.C.)」 の本拠地でもある。

*1:聖マイケルズ大聖堂 (St Michael's Cathedral)