スマートフォン用の表示で見る

ゴードン・パークス

映画

ゴードン・パークス

ごーどんぱーくす

写真家映画監督、作家、画家

1912年11月30日、アメリカ合衆国カンザス州生まれ

「タイム」誌の専属カメラマンとなり有名となった後、自分で書き下ろした小説「知恵の木」の映画化により、映画監督としても映画に携わった。有名な「黒いジャガー」の監督としても有名。息子のゴードン・パークス・ジュニアも映画監督で、「スーパーフライ」を監督した。

関連語 リスト::写真家

主な監督作品