スマートフォン用の表示で見る

ゴールドバッハ予想

サイエンス

ゴールドバッハ予想

ごーるどばっはよそう

[英] Goldbach's conjecture

ゴールドバッハ予想とは、

4以上のすべての偶数は二つの素数の和で表せる

という予想。なお、4=2+2(偶素数同士の和)であることから、「6以上の全ての偶数は、二つの奇素数の和で表すことができる。」とも言いかえることができる。

ゴールドバッハ予想」の名称は、1742年6月7日、プロシア生まれの数学者、ゴールドバッハ(Christian Goldbach)がオイラー(Leonhard Euler)宛ての手紙の中に、「5よりも大きい自然数は3つの素数の和であらわすことができる。」という予想を書いたことにちなむ。

なお、ゴールドバッハの手紙の内容と、これから冒頭の文が導けるのは、偶数を3つの素数の和で表すと素数の1つまたは全てが偶数素数つまり2でなければならないからである。

コンピュータによる探索で反例はまったく見つかっていないが、証明は得られておらず、数学の最大級の難問にあげられている。

リスト::数学関連