スマートフォン用の表示で見る

ゴルチエ

アート

ゴルチエ

ごるちえ

 ジャン・ポール・ゴルチエJean-Paul GAULTIER)。1952年4月24日、フランスのパリに生まれる。若作りで白髪5輪刈りの物静かそうな、ピアスの多い優男風の、でも実は大きな体に野太い声のユーモラスな白人男性。毎年パリの人気デザイナーランキングで最上位に位置する超売れっ子デザイナー。70年にピエール・カルダンのメゾンに入り、71年にジャン・パトゥのアシスタントに抜擢。77年プレタポルテにデビュー。78年にオンワード樫山とスティリスト契約を結び独立。87年、第2回"オスカー・ドゥ・ラ・モード"受賞。1997年 S/Sからオートクチュールを発表。98年、初めて東京でコレクションを発表。

80年代にアンドロジナス、下着ルック、ボディコン服等、斬新且つユーモラスな作品を次々と作りだし、トレンドセッターとしての役割を果たした。アヴァンギャルディズムとクラシシズムを融合させたキッチュで独特の作風は、世界中のモード関係者から高い評価を受けている。

"キカ"、"コックと泥棒、その妻と愛人"、"ロスト・チルドレン"、"フィフス・エレメント"等、映画の衣装も手がける。90年にはマドンナのワールドツアーの衣装を手がけた。

アヴァンギャルドでユーモラス。装飾がかったドレスなどには、ヴィヴィッドな感性が表現される。

(「ファッション通信」より抜粋)

 プロのファッション・デザイナーになるきっかけとなったのは、ジャック・ベッケルの映画『偽れる装い』(1944)だった。この映画はドイツ占領下のパリのオート・クチュール界での恋愛悲劇を描いている。服飾デザインはマルセル・ロシャス。

偽れる装い [DVD]

偽れる装い [DVD]