スマートフォン用の表示で見る

ゴルフ

キーワードの候補

3件

一般

ゴルフ

ごるふ

ドイツフォルクスワーゲン社が製造する、ハッチバックタイプの小型乗用車。

「小型乗用車のグローバル・スタンダード」として名高い。

実質的には“ビートル”の愛称で親しまれたフォルクスワーゲン・タイプIの後継車種である。

初代(ゴルフI)

1974年にデビュー。

イタリアのカーデザイナージョルジェット・ジウジアーロによる実用的かつスタイリッシュな2BOXのボディと、それを効率的に使用する横置きFF方式のメカニズムを採用した画期的な実用車として、世界中で愛された。

2005年現在、中古車市場で見かけることは稀である。

2代目(ゴルフII)

1983年にデビュー。

キープコンセプトではあったが、その愛らしいデザインと使いやすいボディサイズで、日本でも爆発的なヒットとなる。

今でも「ゴルフ」というとこのモデルを思い浮かべる人も多いだろう。

3代目(ゴルフIII)

1992年にデビュー。

ボディサイズはゴルフIIとほぼ同じではあるものの、デザインはIIまでの直線的なものから一転、曲線を巧みに利用したデザインとなった。

現在中古車市場で出回るゴルフの5割はこのモデルだろう。

4代目(ゴルフIV)

1998年にデビュー。

この代から、日本で言う「5ナンバー枠」を突破し、「使いやすい小型実用車」から「プレミアムコンパクト」への仲間入りを果たした。

質感は格段に上昇した一方で、「ここまで贅沢な必要があるのか」という疑問も生まれた。

5代目(ゴルフV)

2004年にデビュー。

先代から色濃く漂い始めたプレミアム路線を一層推し進めながら、Vラインを描くアグレッシブな顔立ちや、リアエンドに向かってなだらかに下降する2BOXシルエットなど、若々しさも取り入れたモデルになっている。

派生車種

セダン

  • ジェッタ
  • ヴェント
  • ボーラ

ワゴン

  • ゴルフワゴン

ミニバン

  • シャラン
  • ゴルフトゥーラン

リスト::自動車

プログラマーの遊び。

与えられた特定の仕様(たとえばFizzBuzz)に対し、それをいかに少ない文字数で実装できるかを競うもの。

仕様の他に使う言語を指定されることもある。

ほとんどの場合、限界ぎりぎりまで省略されたプログラムは、一見プログラムに見えないこともあり、俗に「黒魔術」などと呼ばれることもある。

また、文字数は少なくとも、実行効率まで最高かと言えば必ずしもそうはならないことがある。

業務でプログラミングをする場合は、こういうゴルフ的プログラミングは当然ながら嫌われる。

クラブでボールを打って、通常18か所のグリーン上の穴(ホール)にボールを入れて順に回る球技。打数の少ない者を勝ちとする。

競技方法はストロークプレーとマッチプレーに大別される。

関連キーワード

イップス(ゴルフの病気)