ゴンダール

地理

ゴンダール

ごんだーる

(Gondar)

エチオピアのアムハラ州にある都市。1632年〜1769年にかけて、エチオピア帝国首都が置かれた古都タナ湖の東に位置する標高2000-2200メートルの高地。市内にはソロモン朝ゴンダール期に建設された3つの王宮群(コンパウンド)が現存する。その中でも最大級の王宮群であるファジル・ゲビには歴代の皇帝が建設した6つの宮殿や12ヵ所の城門が残されている。それらは、1979年ユネスコ世界遺産に登録された。