サーキットエクササイズ

スポーツ

サーキットエクササイズ

さーきっとえくささいず

アメリカで考案された、ウォーキングのような持久的な運動で体脂肪を燃やす「有酸素運動」と、ダンベル、マシントレーニングなどで筋肉を鍛えて代謝を高める「筋トレ(筋力トレーニング)」の2種類を交互に行ってダイエット効果を高めるという体操法。

このエクササイズを取り入れている埼玉県川口市のジム「クイックフィットBM30」では、円形に筋トレ用のマシンと有酸素運動用の踏み台(ステップ)を並べている。ジムに来た人は空いているマシンに座り、運動をスタートする。30秒後には一斉に隣のマシンに移動して、違う運動を行う。30秒ごとに筋トレ、踏み台、筋トレ、踏み台と繰り返す。30分間これを続けるのが標準コース。筋トレマシンは、全身がくまなく鍛えられるように配置してあり、間に有酸素運動を挟むことで、貯まりかけた疲労物質と体脂肪を燃やすのである。