スマートフォン用の表示で見る

サーチュイン遺伝子

サイエンス

サーチュイン遺伝子

さーちゅいんいでんし

あらゆる動物の寿命を延ばすとされる遺伝子。「長寿遺伝子」と呼ばれることも。

2000年にアメリカマサチューセッツ工科大学レオナルド・カレンテ博士が発見した。

地球上のほとんどの生物が持っているにも関わらず、ほとんど機能する事のないこの遺伝子の働きを強めることによって老化要因を抑制して寿命を延ばす働きをするとされている。

動物実験では、この遺伝子の働きをコントロールすることによって寿命が20〜30%延びた。


メディアでも多く取り上げており、この遺伝子を活性化させる食事法や睡眠法に注目が集まっている。