スマートフォン用の表示で見る

サーロイン

サーロイン

さーろいん

牛肉の部位の呼称のひとつ。

あばら骨の部分(リブロース)の少し後ろの部位で、脂が乗ってきめ細かくやわらかい。主にステーキに使用される。

牛の腰肉(ロイン)を食べたイギリス国王が、あまりにおいしかったので、その肉にサーの称号を授けたことからサーロインと呼ぶようになったという逸話もあります。