サイトスワップ

一般

サイトスワップ

さいとすわっぷ

SiteSwap

ジャグリングのパターンを数列で表現したもの

Siteは位置、Swapは交換と言う意味

ジャグリングノーテーション?の一種

ボールの動きを表現するノーテーション

大前提

  1. 一定のリズムでボールを投げる
  2. 左手と右手が交互にボールを投げる
  3. 数字はボールの投げ方を表している

特徴

  1. 手や体の動きは一切無視される
  2. 数字が奇数のときはパターンは左右対称に繰り返され、偶数のときはパターンは一方方向に偏って繰り返される
  3. サイトスワップの数字は、その瞬間に投げたボールが次に投げられるまでの時間を表している (ボールを投げる絶対的な高さを表しているわけではない)

ルール

  1. 繰り返しがある場合はその最小の単位だけを書く
  2. 必要なボールの数は数列の平均 (数列の数字の和を数列の数で割ったもの)

数字の意味

  1. 0 - ボールをもっていない状態
  2. 1 (Feed) - ボールを投げずに逆の手に直接手渡す (または非常に低い軌道(地面と平行)で投げて渡す)
  3. 2 (Hold) - ボールを握ったまま投げないで持っている状態
  4. 3 - 3ボールカスケードの投げ方
  5. 4 - 4ボールファウンテンの投げ方
  6. 5 - 5ボールカスケードの投げ方
  7. 6 - 6ボールファウンテンの投げ方
  8. 7 - 7ボールカスケードの投げ方

パターンの例

  1. 3ボール
    1. 3 - 3ボールカスケード
    2. 51 - 3ボールシャワー
    3. 55500 - 3ボールフラッシュ
    4. 423 - W
  2. 4ボール
    1. 53 - 4ボールハーフシャワー
    2. 5344 - 4ボールテニス

シミュレータ

  1. JSIM Flash Juggling Simulator (Smallsquare) - ボールジャグリングを基礎から学べる (フラッシュムービー) http://www.smallsquare.co.uk/jsim.htm
  2. JuggleMasterJava版) - ボールジャグリングのシミュレータ (サイトスワップが表示される) http://www.jah.ne.jp/~emda/jm-java/start.html
  3. JuggleMasterで自分の考えたパターンをシミュレートする方法
    1. JuggleMaster (Java版)のソースダウンロードする
    2. その中の patt_e.jm を開きサイトスワップを書き加える
    3. index.html を開いて確認してみる