サインレス

一般

サインレス

さいんれす

クレジットカード取引において、本人確認の手段として署名を用いない取引のこと。

日本では、スーパーマーケットのように換金性の低い業種では、磁気ストライプを使用した取引でも一定の金額までは署名求めない

しかし、信用照会端末における運用では、ICチップを利用した取引暗証番号を以て本人確認の手段とすることが一般であり、磁気ストライプを使用した取引の場合では原則として署名が必要となる。

また、銀聯カードにおいては対面取引での署名省略は認められておらず、取引ごとに暗証番号署名の両方の手段を併用した多要素認証が行われている。