サッカー女子日本代表 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

サッカー日本女子代表

さっかーにほんじょしだいひょう

日本サッカー協会が編成する日本の女子サッカーナショナルチーム

2004年のアテネオリンピック出場にあたり、一般公募で「なでしこジャパン」の愛称が付けられた。

2008年の北京オリンピックでは4位に入り、メダルまであと一歩に迫った。AFC女子アジアカップでは2位が最高で優勝はないが、2010年のアジア競技大会で初優勝を果たした。東アジアサッカー選手権では2回優勝している。

2011年 FIFA女子ワールドカップドイツ大会)において、大会時点でFIFA女子ランキング1位のアメリカ合衆国代表を下し優勝した。日本代表FIFA主催大会優勝は男女含めて史上初の快挙。この優勝が評されて、サッカー日本女子代表チームの国民栄誉賞受賞が決定した。国民栄誉賞の19例目で、団体が受賞するのは初めて。

2012年のロンドンオリンピックでは、銀メダルを獲得。

FIFA女子ランキングは、2011年9月に史上最高の3位にランクされた。

主な戦跡

FIFA女子ワールドカップ

オリンピックサッカー競技

歴代監督

記録

JFA認定、2012年8月9日現在

キャップ数歴代上位

順位名前試合数得点数期間
1澤穂希186811993-
2宮間あや120292003-
3池田浩美(旧姓:磯崎)11841997-2008
4加藤與恵(旧姓:酒井)11481997-2008
5大野忍112382003-
6安藤梢110171999-
7山郷のぞみ9601997-
8大儀見優季(旧姓:永里)91412004-
8柳田美幸91111997-2008
10近賀ゆかり8752005-
11岩清水梓8582006-
11大部由美8561991-2004
13高倉麻子79291984-1999
14宮本ともみ(旧姓:三井)77131997-2007
15野田朱美76241984-1996
16木岡二葉75301981-1996
16半田悦子75191989-1996
18矢野喬子7412003-
19大谷未央73312000-2007
20丸山桂里奈73142002-

ゴール数歴代上位

順位名前得点数試合数期間
1澤穂希811861993-
2長峯かおり48641983-1996
3大儀見優季(旧姓:永里)41912004-
4大野忍381122003-
5大谷未央31732000-2007
6木岡二葉30751981-1996
7高倉麻子29791984-1996
7大竹奈美29461993-2000
7宮間あや291202003-
9内山環26581991-1999
サッカー日本女子代表
目次