スマートフォン用の表示で見る

サッカー日本代表

スポーツ

サッカー日本代表

さっかーにっぽんだいひょう

日本サッカー協会が編成する日本のサッカーナショナルチーム

A代表(フル代表)と年代別代表(U-23など)、サッカー日本女子代表なでしこジャパン)などがある。

ここではA代表について扱う。

FIFAワールドカップでの最高成績は2002年と2010年のベスト16。AFCアジアカップでは最多の4回の優勝を果たしている。FIFAランキング2011年4月に現行の算出方式となって以来最高位となる13位にランクされた*1

2009年10月に公式愛称として「SAMURAI BLUEサムライ・ブルー)」が制定されたが*2、いまひとつ浸透しておらず、単に「日本代表」「代表」と呼ばれることが一般的である。また、「岡田ジャパン」「ザックジャパン」のように「代表監督の名前+ジャパン」という愛称で呼ばれることも多い。

参加条件

基本的に日本国籍を保持し、過去に他国代表としての出場歴がない選手に資格が与えられる。

重国籍でA代表としてのキャップがない場合は所属協会変更が条件つきで1度だけ例外的に認められる。

主な試合

1994ワールドカップ出場間近だった最終戦の、ロスタイムに失点しサウジアラビア勝ち点差で破れ、韓国得失点差で破れ一転してアジア予選敗退になった試合。

イランに1回は1−2とリードを許すものの、城彰二のゴールで追いつき延長で岡野雅行ゴールデンゴールの劇的勝利でワールドカップ初出場を決めた試合。

日本代表ワールドカップ初戦。

日本代表の、ワールドカップ初ゴールが中山雅史によってもたらされた。

*1:なお、旧算出方式だった1998年2月には9位にランクされたことがある。

*2:元々は2006 FIFA World Cupに挑む日本代表のために一般投票で決まったキャッチフレーズ「SAMURAI BLUE 2006」で、2009年10月になって公式の愛称となった。