サトウトシキ

映画

サトウトシキ

さとうとしき

1961年福島県生まれ。

日活芸術学院在学中、ピンク映画にスタッフとして参加。

助監督を経て、’89年『獣─けだもの─』でデビュー。

同世代の瀬々敬久らとともに“ピンク四天王”と呼ばれ、業界からはパージされるも、映画ファンの熱い支持を得る。

その後もコンスタントに質の高い作品を発表。ピンク映画の頂点を決めるイベント、P-1 GRAND PRIXでは、見事初代チャンプとなった