サヌア旧市街

サヌア旧市街

(地理)
さぬあきゅうしがい

(英名:Old City of Sana'a、仏名:Vieille ville de Sana'a、サナア旧市街
1986年に登録されたオマーンの世界遺産(文化遺産)。サヌアは、アラビア半島南西、標高2200mの高原地帯にあるイエメン共和国の首都。モンスーンの影響で、雨量が多い。紀元前10世紀頃にシバ王国の支配下で商業都市として繁栄した。その後は、ビザンチン、オスマン・トルコなどの支配下にあった。旧市街には、モスクが103、尖塔が64、古い家屋が6000以上、隊商宿が20以上、浴場が14ある。なかでも、日干しレンガなどを積み上げた家屋は高層で、格式によって高さや壁の装飾が異なっている。