スマートフォン用の表示で見る

サバクタニ

読書

サバクタニ

さばくたに

概要

「わたしをお見捨てになったのですか。」を意味するヘブライ語

キリスト教開祖、ナザレのイエスがゴルゴダの丘磔刑に処せられた際、十字架上で発したと言われる7つの言葉のうちの一つ。出典は「マタイによる福音書 27. 45-50」と「マルコによる福音書 15 .33-37」。

そして三時ごろに、イエスは大声で叫んで、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言われた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。すると、そこに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「あれはエリヤを呼んでいるのだ」。

そして三時に、イエスは大声で、「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」と叫ばれた。それは「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。すると、そばに立っていたある人々が、これを聞いて言った、「そら、エリヤを呼んでいる」。

「エリ、エリ、ラマ、サバクタニ」は、詩篇22篇1節、後に神への賛美が続く出だしである。イエスは神をたたえる言葉を述べようとして、途中で息絶えたものと考えられる。

ちなみにエリヤとは旧約聖書を代表する預言者の一人のこと。

詩篇22

             指揮者によって。「暁の雌鹿」に合わせて。賛歌。ダビデの詩。

             わたしの神よ、わたしの神よ

             なぜわたしをお見捨てになるのか。

             なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず

             呻きも言葉も聞いてくださらないのか。

             わたしの神よ

             昼は、呼び求めても答えてくださらない。

             夜も、黙ることをお許しにならない。

             だがあなたは、聖所にいまし

             イスラエルの賛美を受ける方。

             わたしたちの先祖はあなたに依り頼み

             依り頼んで、救われて来た。

             助けを求めてあなたに叫び、救い出され

             あなたに依り頼んで、裏切られたことはない。

              (以下略 引用者)

http://www.is.seisen-u.ac.jp/~zkohta/bible/old_t/2/psa.html#psa022

関連の楽曲

この場面は受難曲などで多くのクラシック作曲家が音楽化している。

他多数。