スマートフォン用の表示で見る

サパティスタ

一般

サパティスタ

さぱてぃすた

メキシコのチアパス?州を中心として活動するゲリラ組織。正式名は「サパティスタ民族解放軍」(EZLN)。


差別搾取に苦しむメキシコ先住民の解放を求めている。

1994年1月1日、NAFTA発行の日に蜂起。

新自由主義グローバリゼーションによるメキシコ農民への深刻な構造的搾取に抵抗する反乱を開始するも、政府軍の武力に苦戦を強いられる。

それ以後は戦略を変え、様々なメディアを通じた情報発信・コミュニケーションを闘争の手段にしていく。

武力闘争を手段にしてきた既存のゲリラとは異なることから注目を集めるようになり、サパティスタの存在とその主張は世界的に知られるようになる。


事実上の指導者であった副司令官マルコスは、その功績とカリスマ性から、「ポストモダンチェ・ゲバラ」(英"The Independent"紙)などと表現されたこともある。


現在もメキシコ憲法改正をはじめとする先住民の地位向上と権利獲得のための闘争を続けると同時に、新自由主義グローバリゼーションへの抵抗をさらに本格化させるため、差別搾取に苦しむ世界中のあらゆる人々との連帯を目指して活動を行っている。


その沿革と思想は"Sexta declaración de la selva Lacandona" (セルバ・ラカンドナの第6宣言)によって明確に示されている。


EZLN公式サイト

http://ezln.org.mx/

公式声明集

http://www.struggle.ws/mexico/ezlnco.html

セルバ・ラカンドナの第6宣言(全文和訳)

http://teoreamachine.hatenablog.com/entry/2013/11/17/002507