サビニ

読書

サビニ

さびに

サビニ人、サビーニ族などとも。ラテンエトルリアなどと並ぶ古代イタリアの民族(部族)の一。

伝説によれば、都市ローマ建設後によくわからない経緯*1を経て合流。ローマが迎えた最初の外来者となった。

なお、ロムルスに続く第二代国王のヌマもサビニ人であったとされる。

*1:伝説に従うのであれば、「ローマ市を作ったけど嫁が足りないぞ→近隣から調達しよう→まず祭りを開催→油断に乗じてサビニ人の婦女をローマに拉致→サビニ人マジギレ、ローマを攻撃→ローマ人の夫に情が移っていたサビニ人女性らの懇願で戦い中止