スマートフォン用の表示で見る

サピア=ウォーフの仮説

読書

サピア=ウォーフの仮説

さぴあうぉーふのかせつ

(Sapir-Whorf hypothesis、SWH)

如何なる言語によってでも、現実世界は正しく把握できるものだとする立場を懐疑し、言語はその話者の世界観の形成に差異的に関与することを提唱する仮説。言語相対性仮説とも呼ばれる。エドワード・サピアとベンジャミン・リー・ウォーフの研究の基軸をなした。