サフランボル市街

地理

サフランボル市街

さふらんぼるしがい

(英名:City of Safranbolu、仏名:Ville de Safranbolu)

1994年に登録されたユネスコ世界遺産文化遺産)。サフランボルトルコ北部のカラビュック県?にある山間の小さな町。古代ローマの遺構も残っているが、栄えたのはオスマン・トルコ時代の14〜17世紀で、シルクロードの中継地であった。また香辛料となるサフランの産地であったことからサフランボルと呼ばれるようになった。市街にはオスマン・トルコ様式の家屋が残されており、古い町並みを今も見ることができる。石壁の素朴な木造建築は質素だが美しい。また古い博物館モスク、キャラバンサライ(隊商宿)、浴場、噴水なども保存されている。