サブルーチン

コンピュータプログラミングにおいて、手続きをひとまとまりにしたもの。

オブジェクト指向な言語ではクラスのメンバー関数に所属しているサブルーチンをメソッドと呼ぶが、VB.netでは返り値があるかないかで構文が区別されている(サブルーチンは後者)。