サミュエル・コーエン

サイエンス

サミュエル・コーエン

さみゅえるこーえん

Samuel T. Cohen

中性子爆弾の開発者。

1921年、生まれ。2010年11月28日、ロサンゼルスで死去。89歳だった。

カリフォルニア大学物理学数学を学んだ後、米陸軍に入隊。広島長崎に投下した原爆を開発したマンハッタン計画に加わった。1950〜60年代にかけて、民間企業コンサルタントを務めながら、中性子爆弾の開発を主導した。