一般

サムソン

さむそん

旧約聖書士師記の登場人物【Samson】。怪力を誇るが、その源泉である長髪をデリラに切られて怪力を失い、さらしものになる。

しかし、長いことさらしものになり続けたおかげで髪が生えそろい、力も戻っていたがそれを隠し、自分をつないでいた神殿に宴会のために大多数の人間が集まった時、復讐のため神殿の大黒柱を破壊し、他の数百名の人間とともに石材の下で圧死した。

髪やヒゲなどに霊的なエネルギーが宿るとする思想のルーツをここに見ることができる。