スマートフォン用の表示で見る

サムターン回し

一般

サムターン回し

さむたーんまわし

意義

 侵入窃盗が侵入時に用いる手段の一種

手口

 ドアの内側にある鍵を開けるための「サムターン」を様々な手段で強引に回して開鍵してしまう。

手段

 ドア付近のガラス窓や郵便受け、ドアの隙間等を利用して、破壊して手を差し入れたり、特殊工具や針金や紐の差し入れてサムターンを回すことを可能にする。ドアノブや覗き穴を外したり、電気ドリルでドア自体に穴を開ける方法もある。

対抗策

 ・ドアの隙間を無くす防犯プレートの設置

 ・サムターンの周りにカバーを取り付ける

 ・鍵を複数化して時間と手間を増やす